FP(ファイナンシャルプランナー)・ライフプラン

講座ラインナップ


⇒顧客目線を養うFP入門講座

⇒顧客目線を養うライフプランニング講座

⇒金融商品を知るポートフォリオ講座


日程・会場情報

概要

顧客目線を養うFP入門講座

 保険・金融・税金などの基礎知識をFP3級レベルから学びます。 銀行・保険・不動産業界などのビジネスシーンで必要とされるFP知識を 体系的に学べ、資格受検にも役立つ知識を習得できる講座です。 ライフプランニングを学習することであらゆる年齢層の消費者目線を学ぶことができます。 グループワークでは実際のFP業務に触れ、ライフプランの立て方を実践的に学びます。(2日間講座)

目標

保険から投資信託までの金融や税金等の幅広い知識を得ることができます。
ライフプランをたてる上での知識を習得できます。
FP3級資格取得レベルの知識が身に付きます。

対象者

取引先に銀行・保険・不動産業界などがあり、FPの知識が業務上必要な人
自分自身の資産設計を検討したい人
ビジネススキルを磨きたいビジネスパーソン全般
FP3級の資格受検を考えている人

カリキュラム

【1日目】
1.A分野:ライフプランと資金計画(ライフプランニングの策定方法等)
2.B分野:リスク管理(リスクマネジメントとは)
3.C分野:金融資産運用(預貯金、投資信託等)
【2日目】
1.D分野:タックスプランニング(所得税の仕組等)
2.E分野:不動産(不動産の見方と取引等)
3.F分野:相続・事業承継
4.グループワーク


日程・会場情報

顧客目線を養うライフプランニング講座

 広範なFP分野のうち「ライフプランと資金計画」に特化し、金融・保険・ 年金の基礎知識を深めます。またライフプランニングを学習することであらゆる 年齢層の消費者目線を学びます。ライフプランとキャッシュフロー表を実際に作成し、 個人の将来のリスク低減と理想的な人生設計を考えながら、銀行、保険、不動産業界などの クライアントと、消費者のライフプランニングの意識を共有できるスキルを身に付けます。(2日間講座)

目標

銀行・保険・年金などライフプランニングを作成する上で必要な知識・手法が身につきます。
将来に向けたキャッシュフロー表の作成の仕方、見直し方を学びます。

対象者

取引先に銀行・保険・不動産業界などがあり、ライフプランの知識が業務上必要な人
自分自身のライフプランニング、資産設計を考えたい人
一般常識としてビジネススキルを磨きたいビジネスパーソン全般


カリキュラム

【1日目:講義編】
1.ライフプランとは
2.現状分析の考え方
3.ライフプランにおける収入
4.生命保険と必要保障額について
5.医療保険を選ぶポイント
6.保険の見直しポイント
7.住宅資金について
8.教育資金について
9.老後資金について
【2日目:演習編】
1.グループワーク:モデル事例を使って実際にライフプランを立てていく。
  キャッシュフロー表の作成・チェック・見直しをし、
  グループごとに発表・意見交換・ 改善案提示をする
2.まとめ


日程会場情報

金融商品を知るポートフォリオ講座

 広範なFP分野のうち「金融資産運用(預貯金・投資信託等)」に特化し、その基礎を 理論からしっかり学んで、ライフプランにおけるマネープランを考えます。さまざまな 金融商品が販売されている現状で、自分の目的にあった商品が選択できるよう、 おもな金融商品のしくみを基礎から学びます。また、資産運用の世界におけるリスク・リターンの 捉え方と測定方法を学び、分散投資の効果を検証します。投資の基本といわれる分散投資の有効性を 理論的に示したモダン・ポートフォリオ理論の基礎的な部分を紹介し、リスク・リターンの観点から ポートフォリオを捉え、分散投資のリスク軽減効果を定量的に把握する方法を学びます。 (尚この講座のみでも受講可能です)(2日間講座)

目標

金融資産についてのリターンとリスクの分析の知識が身につきます
資産運用の基本的な考え方を定量的側面から習得します
FP資格の金融資産運用設計についてより詳しく実践的な知識が身につきます

対象者

業務上等の理由から金融資産運用について知識のスキルアップを図りたい人
FPの金融資産運用をもっと詳しく学びたい人
ビジネスパーソン全般

カリキュラム

【1日目】
(1)投資の基本(単利と複利)
(2)債券投資の特徴
(3)株式投資の特徴
(4)投資信託の特徴
(5)新しい金融商品(仕組預金・デリバティブ等)の特徴
【2日目】
(6)ポートフォリオの考え方(講義+演習)
 ・リターンとリスクの意味、種類
 ・リターンの測り方
 ・リスクの測り方
(7)ポートフォリオ効果(講義+演習)
 ・ポートフォリオ選択理論
 ・分散投資によるリスク軽減効果
 ・相関係数
 ・有効フロンティア
 ・アセット・アロケーション
 ・リスク許容度
(8)リバランスの考え方
(9)グループワーク(資産運用のシミュレーション等)


日程会場情報
ページトップへ戻る