業界研究

講座ラインナップ


⇒金融SEのための生保業界入門講座

⇒金融SEのための銀行業務基礎講座


日程・会場情報

概要

すっきりわかる!生命保険入門講座

 生命保険の全体像をご存知でしょうか。本講座では、日本の生命保険について、 基本となる保険料の構造・計算の仕組みなどを学び、また生命保険の種類や特徴、 どのように運用されているかなど、なかなか知ることができなかった生命保険の基礎的な知識を身につけます。 また保険業法の改正や販売チャネルの変化、ネット生保の出現など、変わりゆく保険業界の現状にも触れていきます。(1日間講座)

目標

生命保険の構造についての基本的な知識が身につきます。
生命保険業界の現状を学び、金融の自由化と規制緩和などの変化に対する意識が高まります。

対象者

生命保険業に関わるクライアントと取引のある方
生命保険業務・業界について興味のある方
ビジネスパーソン全般

カリキュラム

1.生命保険の構造
(1)保険の基本
   1.生命保険用語
(2)保険料の計算―保険数理の基礎―
   1.生命表と死亡率 2.大数の法則と収支相当の原則 3.保険料の計算基礎
(3)保険料の仕組み
   1.3つの予定基礎率 2.保険料の構成
(4)生命保険の分類
   1.死亡保険 2.生存保険 3.生死混合保険 4.主契約と特約
(5)保険料の運用―剰余金と配当金―
   1.剰余金の3利源 2.配当金の種類
2.生命保険業界について
(6)保険会社の組織形態
   1.相互会社と株式会社の違い 2.保険と共済の違い
(7)保険会社の健全性を判断する
   1.ソルベンシー・マージン比率 2.保険契約者保護機構
(8)保険業法
   告知義務
(9)業界比較
   1.販売チャネル 2.保有契約高


日程・会場情報

金融SEのための銀行業務基礎講座

 銀行の3大業務である「融資」「預金」「為替」について、実際に銀行で行われている研修カリキュラムをベースに学習します。
 融資について基本の考え方から契約の流れ、さらに融資の種類などを、実務で使われている帳票類を使いながら解説します。
 また、預金・為替について基本の考え方から、預金の種類や小切手・手形の仕組みなどを融資業務との関連も踏まえながら解説します。
 銀行の3大業務を理解することで、金融SEとしての礎を築きます。(2日間講座)

目標

銀行員が行っている銀行内の業務を知ることで、クライアント企業の考え方や慣習・文化を理解し、スムーズなコミュニケーションが図れるようになることを目指します。
銀行システムの開発・運営に携わる金融SEにとって最低限必要な融資実務・為替実務の基礎知識を習得します。

対象者

教養として銀行業務を学びたいビジネスパーソン全般
金融SEとして、銀行システムの開発・運用に携わる方

カリキュラム

1.銀行の役割と銀行業務の種類
2.融資業務の基礎知識
 ○融資の種類
 ○与信業務の基礎
 ○融資業務の流れ(個人の場合・法人の場合)
 ○融資契約
 ○取引処理
 ○融資の種類と法的性質
 ○担保
3.預金業務の基礎知識
 ○預金の種類
 ○流動性預金と固定性預金
 ○利息計算
 ○手形・小切手
 ○裏書
 ○善意取得
 ○手形交換制度
 ○不渡と取引停止処分
4.為替業務の基礎知識
 ○送金為替
 ○代金取立   など


日程会場情報
ページトップへ戻る